ホーム > トピック一覧 >



1000年前の真実 〜暗号文書『いろは歌』〜

 






いろは歌は、誰が作ったの?



かるたなどでおなじみの、「いろは歌」。いつごろ、誰が作ったのでしょうか?
今回はそのナゾにせまります。









動画を見ていただきまして、ありがとうございます。

久しぶりの動画作成でしたので、見苦しい点あったかと思いますが、どうがご容赦ください。

この動画内でいろいろと書きましたが、一番言いたかったことは、次の一文です。



「君が代にも、暗号が含まれている(らしい)」



これを言いたいがために、「いろは歌」を引き合いに出した、と言っても過言ではありません。

動画のタイトルに「国歌」とか、「君が代」と付けると、途端に重々しい雰囲気が出てしまうと思い、あえてタイトルには何も書きませんでした。


何とかして、「君が代」はすごい歴史があるんだよ、すごい歌なんだよと伝えたかったのです。

それさえ伝われば、私の当初の目的は達成です。









「君が代」に込められたメッセージ

 




 日本の国歌「君が代」は、ヘブライ語で隠された意味を持っています。

  



何度も書きますように、"こういった説もある"です。

最終的にどうとらえるかは、自分自身でよくお考えください。




なぜ、ここでヘブライ語が出てくるのか?
シオンの民とは何か?



詳しく知りたい方には、こちらのページをご紹介します。
  >>日本とユダヤのハーモニー
   (私が「いろは歌」の動画を作る際に参考にしたサイトです。)




また、動画で解説を見たいという方は、こちらをおススメします。

  >>アメノウズメ塾 [しおり]  
  こちらは、かなり大きなボリュームとなっています。
(前半部分は、「君が代」とは特に関係ありません。)

終盤の最後の方で、満を持して解説が始まります。


「上級編 第12話」で、あなたとの再会をお待ちしております。
 




…最後に、とある「アラビアの言い伝え」をご紹介して締めたいと思います。

  アラビアの言い伝え
 
    (参考)日本の国旗について
 






ホーム > トピック一覧 >

シェア




google+で共有する

Check




印刷