ホーム > トピック一覧 >



人工地震とは?





人工地震とは、自然発生したものではなく、「人工的に起きた地震」のことです。

人工地震の起こる経緯を、考えられる範囲でまとめてみます。






<経緯1> その土地の地下の様子を調べるため



   こちらは、2011年7月の新聞記事です。

  

●目的  地震波を測定して、地下の構造を解析する 

●方法  ダイナマイトを使い、意図的に地震を起こす







<経緯2> 土木工事による影響



●目的  邪魔になる建物や岩などを、発破により破壊する

●方法  ダイナマイト等、火薬を使用



 ※この場合、人工地震は意図的ではなく、仕方なく起きてしまうもの。
  振動・騒音はなるべくおさえるように配慮する必要がある。











<経緯3> 核実験による影響


   (例) 2009年5月 北朝鮮による地下核実験
               → 韓国気象庁はM4.5の地震を観測


●目的  より性能の良い核兵器を作るため

●方法  実験的に核爆弾を爆発させ、性能を分析



 ※この場合、「地震」はあくまで副産物で、本来の目的は「核爆弾の性能調査」(のはず)。
  ちなみに、「環境改変技術軍事使用禁止条約」なる条約が存在する。





 ホーム > トピック一覧 


シェア




google+で共有する

Check




印刷